JGC-SHIGA PRODUCTS

株式会社JGC滋賀の導入事例です。
お気軽にお問合せください。
TEL 077-545-4521 MAIL support@jgc-shiga.co.jp
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
黒にんにくのジェラート

「京丹波山の宴」黒にんにくジェラート。

第80回ギフトショーと同時開催されていた
第18回グルメ&ダイニングスタイルショーに出てた品です。

黒にんにくはフルーツっぽい風味があるので
お菓子に使うという発想はおもしろいです。
でもいわゆる「おやつ」の部類ではありません。
間食としては主張が強すぎる気がします。

これはコース料理のなかの一品として
他の料理と個性を競って
その真価を発揮するようなものではないかと思います。
第80回東京インターナショナル・ギフトショー秋2015

9/2〜9/4に東京ビックサイトでおこなわれた
ギフトショーに行ってきました。
今回のテーマは
「世界市場を取り込む再生ニッポンの決定打」
です。
まあ、大げさというか
あまり深くは考えていないテーマのような気はしますが
確かに規模も人出もかなりなもので
会場を歩くのが息苦しいほどではありました。
そして会場では中国語がいつもより
多く飛び交っていた気がします。
ビックサイトを爆買いか?という感じです。

この展示会は派手ではあるのですが
取り扱い領域が広すぎて
全体の傾向をつかみにくいのが難です。
たくさんたくさん見てくたくたに疲れたけれど
肝心なものにたどりつけなかった、という結果になりがちです。
ジオらマッチ

これは何か?
というと
マッチ箱サイズの小さなケースに入った
物語のジオラマです。
箱の中に入っている小物やキャラクターを
箱の上に組み立てて作ります。
簡単にかわいく仕上がります。
メッセージを入れられるところもいいですね。
「おやき」の時間です

長野のグループ企業からの提案

「おやき」は長野県の名物ですが、
最近のものは具材がバラエティ豊かです。

このチラシでも6種類の味があります。
定番の野沢菜やあんこからカレーやピロシキまであります。
こうなると「おやき」というか
<長野で作る世界の饅頭>という感じです。

意外とピロシキがおいしかったりします。

他にも長野名産のリンゴを使ったフルーツおやきもあって
これもおいしいものです。
「ありがとう」がいっぱい

粗品用のティッシュのチラシができました。
携帯用のウェットティッシュから
ボックスの5個組まであります。

花柄のかわいいデザインで
「ありがとう」と一言添えられています。

チラシにはこう書かれています
・ありがとうの言葉は、みんなをえがおにさせる
・ありがとうの言葉は、みんなをやさしくさせる
・ありがとうの言葉は、みんなをしあわせにさせる
確かにその通りで
「ありがとう」にはかなり強制的に
緊張を解きほぐして相手をなごませる
アイスブレイクな破壊力があるようです。
 
山形の極み3 プレミアムアイス

無添加のミルクアイスクリームです。
これもおいしい。

プレーンのミルクとバニラ、
それに山形のお米「つや姫」を入れたもの
という3種類があります。

特に個性的なのがお米を入れたものですが、
いくら冷めてもおいしい「つや姫」といっても、
冷凍するとさすがに少々硬い。
これは無理に入れなくてもよかったのかなと思いますが、
シリーズ展開で山形の特徴を出すためには
必要だったのかもしれません。
山形の極み2 プレミアムデザートジュース

山形のおいしいフルーツを
100%ストレートで
酸化防止剤不使用で作られた
デザート感覚のプレミアムジュースです。

ナチュラルでやさしい味わい。
香料も使っていないので
香りもやわらかでふくらみがあります。
こういう香りを楽しむためには
ワイングラスでいただくのがおすすめ。
…こういうものをストローを使ったり
缶から直接飲んだりするのはあまりにもったいない。

160gで1本300円くらいしますが
それだけの価値はあると思います
山形の極み1 さくらんぼ

メーカーさんの展示会に行ってきました。
今回のおすすめは「山形の極み」シリーズ

山形は土地が豊かで寒暖の差も大きいので
おいしい農作物がいろいろとあります。

その中で、山形といえば
やはり<さくらんぼ>
これはライバルらしいライバルさえいない
圧倒的トップといえる存在です。

美しく繊細で、単なる食べ物の域を超えた
孤高のフルーツといえるでしょう。

上の写真は「佐藤錦」

そして下が「月山錦」
色がピンクではなくゴールド
そして大きくて甘い。
栽培が難しく、今のところ
一般にはほとんど流通していない希少品種です

 
綿棒だってオリジナル
  

商品名は「みんなのめんぼう」←よく意味がわからないネーミングですが…

120本入りの綿棒が100個からオリジナルで作れます。
毎日のように使うもので、ティッシュよりは保持期間が長いので、
それなりに価値はある。
小ロットで作れるのでデザインを変えていくと、飽きられない
(かもしれない)。

国産で手作業でセットするので小ロットでの対応が可能
という
かなり労働集約型ノベルティです

 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.